FM-FUJI番組取材を受けました!!配信は4/20(土曜日)11:00~ON AIR

ボツリヌス療法

筋肉が異常な収縮を起こすことで生じる、痙攣や痙縮といった症状を緩和させる治療です。筋肉を麻痺させるボツリヌス毒素から精製した薬を、少量筋肉や皮下に注射することで異常な収縮を抑えます。また注射部位の交感神経作用を抑制し、発汗を抑える作用もあります。当院では保険適応となる疾患として、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸、上肢痙縮、下肢痙縮、原発性 腋窩多汗症の治療を行っています。

ボツリヌス療法の手続き

ボツリヌス療法を希望される方は、当クリニック外来にて診察を受けていただきます。受診の結果、医師が適応と判断した場合に、施術日を決めさせていただきます。

ボツリヌス療法後に関節可動域や運動能力の評価を行い、積極的なリハビリテーションを実施することで、さらなる身体機能の改善を図っていきます。また、必要に応じ自主訓練や日常生活動作(食事、トイレ、洗髪、更衣動作など)、手段的日常関連動作(家事動作、洗濯動作、職場復帰に必要な上肢機能など)などの指導も実施しています。

 

治療法の詳細はスタッフブログで紹介